shoku;taku(ショクタク)のビジネスケース「料理でチームビルディング」

shoku;taku(ショクタク)では、BtoB向けのビジネスケースとしてご紹介します。


料理を使って、企業内での料理ワークショップや交流会が可能です。


今回はその中でも実例を一つご紹介します。

チームビルディング・ワークショップを行う事が可能です。

【料理でチームビルディング・ワークショップとは?】

企業内では、チームを組んで仕事をしていることが多いです。

ただ、チームとしてはマンネリ化やチーム力がうまく機能していないなんてこともあります。

チームビルディングとは

同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸となって進んでいく――そうした効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法

-人事労務用語辞典より-

という、チームで目標達成のために主体的に行動するチーム力を高めることです。




料理とチームビルディングって何か関係あるの?って思うかもしれませんが、

料理は飲食店で働いた人はわかるかもしれませんが、

何を作るか?いつに料理を出すか?食材の手配は?料理の作る工程は?コースなら料金はいくらか?料理名は?

これらは他の業種にも当てはまります。


もし、文房具の会社なら、どんな文房具を作るか?いつ発売するか?どこで販売するか?ノートの原価や資材は?いくらで売るか?文房具の名前は?

などになりますよね^^


料理でチームビルディング・ワークショップというのは、

普段の自分たちの仕事の場ではなく、同じような境遇の中で体験することが、

チーム力アップ、チームの活性化に繋がります。



●実例

例:チームで分かれて、パスタとスープを作る。

ざっくりとパスタとスープを作るということを決めて、チームで下記のことを

決めてチームで作っていきます。


チームで行なってもらうこと。

・料理名

・何を作るか決める【スマホなどでリサーチ】

・食材選び【準備したものから選んでもらいます。】

・調理分担を決めて調理

・出来上がった時にプレゼン(今回作ったもののポイント)

・各チームでテイスティングで一番美味しかったチームを決定


面白いのが、パスタを作ってくださいということで、

1種類ではなく2種類作るというチームもありました。

このような意外性もチームの活性化につながるかもですね。



予算、相談等は

問い合わせにお願い致します。





関西の男性フードコーディネーター 久保崇裕 shoku;taku

関西を中心にshoku;taku(ショクタク)という名前でフードコーディネーターをしています。 料理イベント、レシピ開発、企業の料理を使ったワークショップ、料理教室など、 食にまつわる仕事を承っており、衣・食・住の日常生活(ハレとケ両方で)を豊かにすることを モットーに活動しています。

0コメント

  • 1000 / 1000