ITに強いフードコーディネーター

メインは料理の仕事をしていますが、元々グラフィックデザイナーであり、

ITには強く、料理でのクライアントさんにも、ITのアプローチをさせていただいています。

ペーパーレス化とネットコミュニティーが進んでいるので、

レシピ公開をネットで行うということなどもご提案しています。


今の時代、ITは切っても切れないものであり、デジタル化の流れはあります。

料理はデジタル化できないものですが、アプローチはデジタル化しています。

ITの良さもありますが、その面アナログな面も大好きです。


色々なことが進歩していく中、何が新しくて古いのかもあって無いようなことが、

デジタル化が進んで起こっている気がします。

デジタル化世代は、昔のVHSを一つのカルチャーとして捉えていたり、

技術革新は起きているけど、古いものも新しいと思える世代もあるということです。


昔の料理研究家の人たちは、アナログな人が多かったのかもしれません。

今の時代、クックパッド、動画レシピなど、デジタル化世代向けの料理コンテンツが

たくさん出て来ています。ショクタクでは常に最先端を対応しつつ、

アナログな面もカバーしていくことを目指しています。


根本には人間性が重要だと考えています。


色々なご提案ができるようにしていきますので、

今後ともよろしくお願い致します。


今、趣味でDTMもしていますので、MIDI検定なども受けてみようかとも思っています。

フードコーディネーターでMIDI検定を持っているなんて面白い気もします。

根底にあるのは、ものづくりのクリエイティブ精神ですね。

関西の男性フードコーディネーター 久保崇裕 shoku;taku

関西を中心にshoku;taku(ショクタク)という名前でフードコーディネーターをしています。 料理イベント、レシピ開発、企業の料理を使ったワークショップ、料理教室など、 食にまつわる仕事を承っており、衣・食・住の日常生活(ハレとケ両方で)を豊かにすることを モットーに活動しています。

0コメント

  • 1000 / 1000